覚えておくといい占術とは?

一般の方からしたら占術ってなんだ?という感じですよね。しかし占い師になるにはやはり占術をある程度扱えなければなりません。そこでみなさんに占術とは何か?使えた方が良い占術などを大まかに紹介していきます。

占術についての紹介

占術は大きく分けて3種類!

占術には大きく分けると命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)の三種類に分かれています。
どのようなものか説明すると・・・

●命(めい)
命術とは生年月日や出生地など、これから変わる事がない情報を使って運命、宿命などを占うもの。推命(すいめい)とも呼ばれています。分類される占術は四柱推命・星座占い・占星術・数秘術・動物占いなどがあります!誕生した生年月日・時間や、生まれた場所の要素も加えることによって、その人の生来の性質、傾向、人生の流れなども占えます。

●卜(ぼく)
人が関わりあう事柄を占うものであり、卜術は特定の情報ではなく偶然の中から必然を見つけ出し答えを導く方法です。分類される占術はタロット占い・水晶占い・易占い・おみくじなどがあります!卜術を使って分かるものとは命術とは違い、現在・過去・未来の流れを見ることができ、細かい変化までも見ることができます。

●相(そう)
相術とは見た目や状況などから占い、上記で紹介した2つの間に位置する術です。分類される占術は姓名判断・手相占い・夢占い・風水・人相占いなどがあります!相術を使って分かるものとは自分の才能や気質、結婚、運勢など人生の転機を知ることができます。その他には過去から現在のことも分かります。

≪その他の占術≫

●霊(れい)

上記3種類に分類されないものとして、近年人気のあるスピリチュアル系の占術があります。霊感や透視、オーラ鑑定など占い師の特殊能力を用いた占いもあります。これらの占術を「霊」という分類で分けることもあります。これらの占術は特別に情報や道具がなくても読み取れることが多く、大抵のことは占えると言われています。

覚えておいた方が良い占術

占い師として活躍するにあたって、最低でも命占と卜占から一つずつ使えるようにしておくと困らないと思います。その占術とかなんでしょうか?

●【命の占術】:占星術

命占の中でもおすすめなのは占星術です。知名度も高く、習得に関しても書籍や学校など幅広く展開されているので、手が出しやすく、学びやすい占術でしょう。

●【トの占術】:タロット占い

卜占の代表的な占術はタロットです。占星術と同じように知名度や使用者も多く、学習用書籍や専門教室なども多く展開されているので、非常に手が出しやすい占術です。