占い師になるためにやることは?

占い師になりたいといってもまずはなるために必要なことがあると思います。それはなんでしょうか?ここでは電話占い師が具体的にどのような仕事で、その職に就くにはどうすればよいかについてご紹介していきます。

占い師に必要なこととは何か?

●需要なのは会社選び

まずは会社選びをしないとけません。そこで電話占い師の求人はネットで検索してみると意外とたくさん出てくるんですよね。その中から希望の会社を選び、募集要項にしたがって応募すれば電話審査や面接などに進み、それらをクリアすれば晴れて電話占い師としてデビューすることができます。そこまでに至るまでに大事な選択基準として主なポイントは3つあるんです。1つ目はきちんとした会社が運営しているかどうかです。どのように確認するかと言いますと、応募したい会社のホームページを確認し、企業情報や事業内容などをしっかりと確認することです。2つ目は給料システムです。多くの会社では利用客に対し「初回10分無料」といった具合に初回無料サービスを行っていますが、無料サービス中に占いを行った場合でも、占い師に給与が発生するのかが問題になってきます。基本的にちゃんとした企業は無料鑑定分も出るので、必ず働いた分だけ給料が出る会社を選ぶようにしましょう。そして最後はノルマやペナルティの有無についてです。ホームページにノルマやペナルティなしと書いていれば安心ですが、理不尽なノルマやペナルティを設けているところは絶対に避けるようにしましょう。

●事前の学習が大事

占い師になるために資格などは一切必要ありませんが、全く占いの知識がないのでは会社の面接をクリアすることは難しいでしょう。なぜなら占い師として働くのに鑑定が出来なかったら意味がないのですから。何より指名がたくさん入り、稼げる占い師になるためには事前の勉強は欠かせません。勉強の方法は大きく分けて2つあり、独学で学ぶ方法と専門学校に通う方法があります。そちらの方法で学んである程度知識を積んだあとにおすすめしたいのが、有名な占い師のもとに利用客として訪れ、実際に占ってもらう方法です。複数の占い師のやり方をよく観察し、なぜ彼らに人気があるのかを分析していけば、自分が占う側になった際に大いに参考になるでしょう。最初はそのやり方をまねしながら次第に自分ならではの占いの形を身につけていけばよいのです。